読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海・瞑・想 in 石垣島

心と身体に溜まった疲れを石垣の美しい海が癒します。太陽と風と波のパワーを私の中にチャージする…。海に入って瞑想する女性限定セッション。

イライラを恩寵に変える方法。

ひとりごと

若い頃の自分を振り返ってみると

よくイライラしていました。

 

思い起こせば

いつでも、どこでも、何をみても、

イライラしていましたね…

 

例えば、

運転中、マナーの悪い人をみてイライラ…

駅でタバコのポイ捨てをする人を見てイライラ…

家族の言動にイライラ…

締め切りギリギリで回ってくる仕事にイライラ…


どれも、直接その件について「おかしい」と言える訳でもなく、

自分だけが勝手にイライラしているのです。

いつも不満がたまっているので、

人に優しくできるわけもなく、どんどん悪循環にはまっていきます。

 


でも、こんなにイライラしていながら

自分ではあまり客観的に自己分析できていませんでした。

 

「自分は正しい」

「間違っているのは周囲だ」と正義感さえ抱いているので

自分のオカシサに気づいていなかったと思います。

 

でも、今ならそのイライラの正体が分かります。


私は、周りに合わせるばかりで

自分を生きていなかったのだと思います。


変なとこ、「いい人」だったのですね。

 

だから、今、ブログを読まれている方で

自分は「イライラしがちだ」という人は

「いい人」なのだと思いますよ。

 

でも、いつまでもイライラしていては免疫力も下がるし、

ハッピーになれません。


そこで、私がイライラ癖を脱出した考え方をご紹介します。

以前のブログでも書いたのですが、

私たちは、目に見える「三次元」と目に見えない「五次元」の

両方に同時に籍を置いています。


三次元的には、いろいろな事件、事故、アクシデント、嬉しいこと、悲しいこと、悔しいこと、何でも起こります。

どんなに悟っている人も、

注意深く悪いことは避けようと思っていても、

物事は起こります。


考え方のポイントは

三次元的に起きた事件は、

五次元的には「何かを伝えるため」なのだと知ること。


なので、「悲しい事件」「悔しいアクシデント」などと

正面からぶつかるのではなく、

感情がおさまったら、

 

「このことは、私に何を伝えようとしているのだろう」

「何か意味があるはず」と

 

その裏にあるものを読み解こうとしてみると良いのです。

 

すると、三次元的に「完全に相手が悪い」というようなことでも、

そのことが自分の目の前に見せられているのだから

「その風景を見る必要が自分の中にあった」ことを

「教えてくれた」と捉え直すことができます。

 

この「捉え直し」ができれば、

不思議なのですが、

同じような事件はもう、起こりません。


メッセージをきちんと受け取ることができたら、

もうそれを見せる必要がなくなるからです。


いつまでも三次元的に感情を消化できずにいると

メッセージを受け取れていないので、

また同じような問題が見せられるようになっているみたいです。

 

良いことも、悪いことも

五次元的には

「何かを大事なことに気づいてほしいというメッセージ」。

 

そう考える癖を付けると

イライラすることは起こらなくなります。


ぜひ、お試しください。